STD(性感染症)や子宮の病気は不妊の原因となります

女性を悩ます性病(膣カンジダ、トリコモナス膣炎、クラミジア等)の症状

粘膜の接触で性病の原因菌に感染

性感染症に感染すると、自覚症状として性器の違和感、特にかゆみやおりものの変化を伴うのが一般的です。ボロボロとした白いおりものが増えるときは、カンジダ膣炎、黄色や黄緑色で泡が混じったおりものがみられるときは、トリコモナス膣炎が疑われます。

カンジダ膣炎は、カンジダ・アルビカンスという真菌(カビ)に感染して起きるものです。カンジダ菌は健康な女性にも常在菌として存在しているため、セックスを通じてパートナーから感染するほかにも、風邪などで体力や抵抗力が落ちた時に発症、再発することが多い(自己感染)のが特徴です。

トリコモナス膣炎は、トリコモナス原虫の感染によって起こるもので、感染ルートのほとんどはセックスです。稀に公衆浴場やトイレの便座を介して感染することもあるため、セックスの経験がない小さな女子でも感染する可能性はあります。

トリコモナス膣炎を発症すると、膣のかゆみだけでなく、排尿痛や性交痛、外陰部のただれを伴うこともあります。性感染症全体が症状が現れにくくなっているため、トリコモナス膣炎になっても初期には自覚症状がない女性も20~50%ほどいるとされていますが、その1/3は半年以内に症状が現れるとしています。

トリコモナス膣炎を放置していると、原虫が膣内にとどまらず尿道や膀胱、子宮頸管などにも寄生するようになります。トリコモナス膣炎になると、膣内のpH(酸性度)が損なわれて自浄作用が低下するため、クラミジアや淋病などの性感染症のリスクも高まり、一般細菌(大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌)なども繁殖しやすくなります。

クラミジアは性感染症に馴染みのない一般の方でも認知度が高く、実際に国内では患者数が最も多い性感染症とされています(推定で100万人以上)。性感染症の自覚症状が全くない高校生を対象に調査を行ったところ、10%程度にクラミジアの陽性反応が見られたというデータもあり、若い世代での感染が深刻な問題となっています。

女性がクラミジアに感染した場合、排尿時の違和感や軽い痛み、おりものが黄色っぽくなる程度しか自覚症状がない、あるいは全く自覚症状がないことが多いので、感染に気がつかない人が非常に多くなっています。さらにクラミジアは潜伏期間が1~3週間と長いため、知らない間にセックスを通じて感染を広げてしまうのです。

自覚症状に乏しいということは、婦人科での診察が遅れて卵管などにも感染が拡大する可能性があり、子宮外妊娠や不妊症の原因になることもあります。妊婦さんがクラミジアに感染すると、分娩時の産道感染で生まれてくる赤ちゃんが思い結膜炎や肺炎を発症する恐れがあります。

男性がクラミジアに感染している場合、オーラルセックスで女性の喉に病気を移してしまう事例が増えており、クラミジアの感染者数が増加している大きな原因となっています。

イボの一種である尖圭コンジローマは、低リスク型のHPV(ヒトパピローマウイルス)6型・11型に感染が原因で外陰部から肛門にかけて米粒大から指くらいのサイズの先端の尖ったイボがたくさんでき、密集するとカリフラワーのような形状になります。灼熱間やかゆみを伴う症状が出ることもあります。

米粒サイズの赤い水ぶくれが、性器周辺に並んでできて、痛い、むず痒いという自覚症状があれば、性器ヘルペスの疑いがあります。水ぶくれが破れて潰瘍(ただれ)ができると、排尿時にオシッコがしみて、強い痛みを感じたり、歩行時などに下着がこすれるだけで痛みを感じたりします。さらに酷い症例では、小陰唇全体が腫れて痛みをともない、歩行が困難になることもあります。

これらの不快な症状は、坑ヘルペスウイルス剤(ゾビラックス、バルトレックス)を投与したり、炎症を鎮める作用のある軟膏による治療で治まりますが、ヘルペスウイルス自体を駆除することはできません。というのもウイルスは一度感染すると神経細胞に潜伏してしまうからです。そして、生理や風邪、疲労などで体の抵抗力が低下すると何度も再発するのです。

ヘルペスウイルスは、性器同士の接触のほかにも、オーラルセックスを通じて喉、唇、目などに感染する例もあるので、性器周辺以外の異常が見られた場合でもすぐに病院を受診しましょう。

これらの性感染症が他の病気に比べて厄介なのは、パートナーも一緒に治療する必要があるということです。本人だけが抗生物質等による治療が功を奏したとしても、パートナーが治療を受けなかったり、不特定多数のパートナーとセックスを行っていると、双方が何度も感染する「ピンポン感染」を起こしてしまうからです。

STD(性感染症)以外に気をつけたい膣・外陰部の炎症

女性ホルモンの働きで妊娠ができる

STD以外にも膣や外陰部に炎症を起こすポピュラーな病気としては、陰唇にしこりができたり、腫れて痛みを伴うバルトリン腺炎やバルトリン腺嚢胞などがあります。

バルトリン腺とは性的な興奮が刺激となって、バルトリン腺液と呼ばれる粘液を出す器官で、膣口の左右に一対ずつあります。バルトリン腺液はセックス時の潤滑油の役割を果たしています。

女性の性器は構造上、肛門や尿道に近いため、周囲に付着した尿や便などに含まれる大腸菌、ブドウ球菌、淋菌などがバルトリン腺に侵入して炎症を起こしやすい状態にあります。この炎症がバルトリン腺炎です。

同様に細菌感染によって、バルトリン腺に閉塞が起こり、粘液がたまって大きく腫れて、痛みを伴うのがバルトリン腺嚢胞です。いずれも初期段階なら抗生物質の服用で完治しますが、可能で膿がたまっている場合は、切開して膿を除去する必要があります。

膣の痛みやかゆみなどの症状はあまりないものの、黄色いおりものが増え、悪臭がする場合は、大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌などの一般細菌による膣炎が疑われます。膣炎には膣に挿入するタイプの抗生物質で治療を行います。

おりものは子宮の健康を知るためのバロメーター

月経の悩みがある女性

おりものは、「下着が汚れる」「臭い」「おりものシートを交換するのが面倒くさい」などマイナスなイメージを持つ女性は少なくありませんが、細菌の繁殖を予防したり、膣内の不要物を絡めとって体外に排出したり、膣内の潤いを保ってセックスをスムーズにするなど大切な役割をしています。

おりものに異常が現れるということは、子宮に何らかの異常が起きているというメッセージです。膣カンジダ症、トリコモナス膣炎などの性病の発見にも必要ですから、健康時のおりものがどんなものなのかを知っておくことが大切です。

通常のおりものは、さらりとした感触で透明から白色をしています。下着におりものが付着すると黄色に変色したり、甘酸っぱい匂いがします。排卵の前後にはおりものの量は増加し、粘り気や匂いも強くなる傾向にあります。

妊娠するとおりものは増えますが、これは生理的なものですので心配ありません。出産後は、おりものから血液の色がなくなり、通常の透明もしくは白色に戻ると、子宮の機能が回復したと判断されます。

月経周期に関係なく、白いおりものが増えて、下着を1日に2回以上交換する必要があるような場合は、子宮の入り口がただれている可能性があります。さらにセックスの後に出血がみられれば、その可能性は高くなるので、婦人科で患部を調べてもらいましょう。

おりものの色が黄色や茶色で、腐ったような匂いを放つときは、膣内に置き忘れたコンドームやタンポンが原因で膣壁が傷ついて、細菌が繁殖している可能性があります。

全体に匂いがつよく、色がついているときは、一般細菌(大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌)によって膣炎を起こしていることが疑われます。性感染症の原因菌以外が原因とするこの膣炎は、「非特異性膣炎」と呼ばれており、風邪などで免疫力が低下し、膣の自浄作用が低下しているとき、あるいは女性ホルモンの分泌異常があるときによく見られます。

非特異性膣炎を放置していると、細菌が子宮内膜や卵管、卵巣などにも感染し、卵管の閉塞や狭窄を招くなどして、不妊症になることがあります。

最近のおりものシートは肌触りがよく、通気性にも優れているため、長時間つけっ放しにしている女性は少なくないようです。そのため排出された細菌がおりものシート内で繁殖して膣内に逆流する恐れがあります。

若い女性には、携帯用のビデを利用して膣内の清潔を心掛けている人もいますが、不快感が強い時、月経の終わりごろに残った経血を洗い流すときだけに使用を限定しましょう。ビデを頻繁に使用すると悪い菌だけでなく善玉菌も一緒に流してしまうため、逆に性感染症などに罹りやすくなってしまいます。